FXのピボット分析では絶対に勝てない理由

FXというのはシンプルなようで、とても奥深いものです。
さまざまな情報を収集していく必要がありますし、その中でも分析も欠かせません。
分析にもいろいろなものがあるのですが、ピボット分析で利益を狙っているという方も多いのではないでしょうか?
ただ、その一方でピボット分析では勝てないというケースも少なくありません。
今回はピボット分析とはどのようなものなのか、またピボット分析で勝てない理由は何なのかについてお話ししていきたいと思います。

そもそもピボット分析とは?

そもそもピボット分析とはどのようなものなのかというところからお話ししていきましょう。
「pivot」という表記で「ピボット」と読むのですが、このピボットは前日の高値や安値、終値の値動きの平均をもとに当日の相場の動きをラインで予想するテクニカル指標のことを指します。
これを活用して分析していくのがピボット分析です。
J.W.ワイルダー (John Welles Wilder.Jr) 氏によって開発されたもので、J.W.ワイルダー氏はピボットの他にもRSI(相対力指数)やパラボリックなどの指標を開発しています。
ピボットでは前日の価格をもとにデータを出していくことになりますので、スキャルピングやデイトレードのような短期売買に強いと言えるでしょう。
しかも、ピボットの計算式は世界共通です。
FXで使う指標の中には、フィボナッチなどのように人によって値が変わるものもあります。
人によって値が変わるような揺れがない分、信頼性が高いのも魅力です。
こういった魅力に加えて、サポレジとしても機能しやすい部分もあるため、ピボット分析は比較的人気があるのでしょう。

ピボット分析で理解しておくべき7本線

FXでピボット分析をおこなっていく上では7本線についてきちんと理解しておかなければいけません。
ピボットは7本の線で示されるのですが、上からそれぞれ以下のような名前がついています。

〇レジタンスライン3(R3)
〇レジタンスライン2(R2)
〇レジタンスライン1(R1)
〇ピボットポイント(PP)
〇サポートライン1(S1)
〇サポートライン2(R2)
〇サポートライン3(R3)

ちょうど真ん中の線はピボットポイント(PP)と呼ばれており、ピボットポイント(PP)の上に来るのか、それとも下に来るのかで上げトレンドなのか、下げトレンドなのかを判断していくことができます。 ピボットポイント(PP)を挟むようにあるサポートライン1(S1)とレジスタンスライン1(R1)は、前の日と同じくらいの変動があった場合の範囲の目安になります。
サポートライン1(S1)とレジスタンスライン1(R1)の外側にあるサポートライン2(S2)とレジスタンスライン2(R2)は、前日よりもさらに大きな変動があったとして、それがサポートライン1(S1)とレジスタンスライン1(R1)の線を超えていくならこれくらいの範囲だろうという目安になります。
そして、一番外側にあるサポートライン3(S3)とレジスタンスライン3(R3)は、予想外の大きな変動があったとして、それがサポートライン2(S2)とレジスタンスライン2(R2)2の線を超えるならここまでだろうと予想される範囲の目安になります。
サポートライン3(S3)とレジスタンスライン3(R3)はそれぞれ下げトレンドと上げトレンドが終了するポイントにもなります。

7本線の計算の仕方

先でも触れましたように、ピボットは前日の高値や安値、終値の値をもとに算出されます。
当然、7本線にもそれぞれの算出方法があります。
具体的な算出方法は以下の通りです。

〇レジタンスライン3(R3):レジスタンスライン1(R1)+(前日の高値-前日の安値)
〇レジタンスライン2(R2):ピボットポイント(PP)+(前日高値-前日安値)
〇レジタンスライン1(R1):ピボットポイント(PP)+(ピボットポイント-前日安値)
〇ピボットポイント(PP):(前日の高値+安値+終値)÷3
〇サポートライン1(S1):ピボットポイント(PP)-(前日の高値-ピボットポイント)
〇サポートライン2(R2):ピボットポイント(PP)-(前日高値-前日安値)
〇サポートライン3(R3):サポートライン1(S1)-(前日の高値-前日の安値)

繰り返しになりますが、この計算式は世界共通です。
どこでFXをやるとしても、ピボット分析をおこなっていくのであればこの計算式さえあればOKです。

ピボット分析の使い方

では、FXにおいてピボット分析をどのように使っていけばいいのでしょうか?
基本的にピボット分析では、相場やエントリーポイントの見極めをおこなっていくことになります。
例えば、7本の線の真ん中にあるピボットポイント(PP)線を中心にチャートが線の上にあれば買いポジションを持つ準備をして、逆に線よりも下にあれば売りポジションを持つ準備をするといった具合です。

ピボット分析で勝てないのはなぜ?

FXでピボット分析を活用しているのに、勝てないという方は少なくありません。
とても信頼性の高いピボット分析なのですが、なぜピボット分析で勝てないのでしょうか?
ピボット分析で勝てない理由をいくつかピックアップしていきたいと思います。

他の指標と組み合わせていない

FXでピボット分析を活用しているのに勝てないという場合、それはピボット分析だけに依存しているからかもしれません。
そもそもピボット分析というのはそれさえ使っていれば勝てるという類のものではありません。
移動平行線やフィボナッチなど他の指標と組み合わせてこそ、より勝てる可能性が高まっていくのです。
ピボット分析に限らず、いろいろな指標と組み合わせて多角的な視点を持つことが大切です。
もしピボット分析だけで勝負していたのであれば、是非他の指標と組み合わせて再チャレンジしてみましょう。

ピボット分析に向かない長期の取引をしている

ピボットでは前日の価格をもとにデータを出していくことになりますので、ピボット分析はスキャルピングやデイトレードのような短期売買でこそより強みを発揮できると言えます。
逆に、長期の取引になってくるとピボット分析はその強みを発揮できません。
はっきり言ってしまうと、ピボット分析は長期の取引には不向きなのです。
ピボット分析で勝てない場合、ピボット分析に向かない長期の取引をしている可能性があります。
ピボット分析を使っていくのであれば短期の取引に切り替えていくか、長期の取引にこだわるのであればピボット分析以外の方法で分析をおこなっていくべきでしょう。

相場が急激に変動しているときや取引量の少ないときに使っている

ピボット分析で勝てない場合、相場が急激に変動しているときや取引量の少ないときに使っている可能性も考えられます。
これはピボット分析に限ったことではないのですが、基本的に相場が急激に変動しているときや取引量の少ないときというのはいつも通りの分析がほぼ無意味になります。
例外だと考えるべきですし、そもそも相場が急激に変動しているときや取引量の少ないときには取引そのものを控えたほうがいいでしょう。

海外FX総合ランキング

王冠1XM(エックスエム)

XM(エックスエム)

すべての要素がハイレベルなオールラウンダー

XMは2009年に設立した海外FXで、日本人にとっての海外FXの代名詞と言っても過言ではありません。それくらい多くの日本人トレーダーがXMを利用しています。XMはすべての要素においてハイレベルで、まさにオールラウンダーと呼ぶのにふさわしい存在です。最大レバレッジ999倍、口座開設ボーナス、入金ボーナス、日本人スタッフによる日本語サポートなど海外FXに期待するサービスや条件はほとんど網羅しています。海外FX初心者向けのコンテンツも充実していますし、資金もしっかりと分別管理されています。海外FXを始めるならまずXMから、と言ってもいいくらいです。

XM(エックスエム)メリット

  • 最大999倍というハイレバレッジで資金効率もアップ
  • 口座開設ボーナスや入金ボーナスが常時開催されている
  • 日本人スタッフが在籍しているので日本語サポートも安心
  • ロイヤルティプログラムでよりお得にトレードができる
  • 追証なしのゼロカットシステム採用でリスクを抑えられる

XM(エックスエム)デメリット

  • スプレッドがやや広い傾向にある
  • スワップポイントはマイナスのほうがやや目立つ
  • 口コミなどではスリッページに関するものが目立つ
  • 回答時間が遅いカスタマーサポート
  • プラットフォームの安定性に課題あり
最大レバレッジ ゼロカットシステム EA(自動売買) 両建て スキャルピング 手数料
1,000倍 あり あり あり
最小スプレッド 口座開設ボーナス 入金ボーナス その他ボーナス
ドル円0.0pips~ 約13,000円(現在) 最大約55万円(現在) ロイヤルティプログラム(現在)
常時開催の口座開設ボーナス
XMで口座開設ボーナスにあたるのが取引ボーナスプロモーションです。常時開催で約13,000円のボーナスを受け取ることができます。最初のリアル口座を開設するだけで13,000円相当のクレジットが付与されるので、初回入金の必要なくXMの商品やサービスを試すことができます。ボーナスのみの出金はできませんが、ボーナスを利用して得た利益はいつでも出金することができます。ただ、出金の際には出金額に応じた相当額の取引ボーナスが消失しますので注意しておきましょう。また、口座開設日から30日以内にボーナスの請求をしないと無効になってしますので、注意しておきましょう。
2段階になっている入金ボーナス
XMの入金ボーナスは最大約55,000円まで100%、最大総計額約55万円まで20%の2段階式ボーナスとなっています。獲得利益はいつでも出金可能となっていますが、その際の出金資金に対して一定の取引ボーナス額が差し引かれる形になりますので注意しておきましょう。基本的にこの入金ボーナスは取引口座へ資金を入金するすべてのユーザーを対象としており、最高ボーナス金額に達するまでは自動的に付与されることになります。ただし、XMTrading Zero口座は入金ボーナスの受け取り対象外となりますので、注意しておきましょう。

王冠2IS6FX(アイエスシックスエフエックス)

IS6FX(アイエスシックスエフエックス)

大幅なリニューアルを経て魅力を増した海外FX

IS6FXはもともと2016年にis6comとしてサービスをスタートさせた海外FXです。2020年10月12日にGMOグループ・GMOグローバルサインのイギリスCS元副社長ヌーノ・アマラル率いるITコンサルティング企業「TEC Wrold Group」に買収されて、現在のIS6FXという名前に変わりました。充実した日本語サポートや入出金サービス、ボーナスキャンペーンが魅力となっています。リニューアル後には、以前から指摘されていた取扱銘柄の少なさや入出金の遅さを改善し、よりよい海外FXへと進化しています。

IS6FX(アイエスシックスエフエックス)メリット

  • レバレッジは最大6,000倍なのでかなり資金効率を高められる
  • ボーナスキャンペーンが充実しているのでお得感がある
  • 情報コンテンツが充実しているので初心者の方でも安心できる
  • 公式サイトも日本語対応でサポートの日本語対応も質が高い
  • 追証なしのゼロカットシステム採用でリスクを抑えられる

IS6FX(アイエスシックスエフエックス)デメリット

  • 定番ではあるものの取引プラットフォームがMT4のみ
  • 口座タイプによってはEA(自動売買)が使えない
  • 資金管理は徹底しているものの不安が残る
最大レバレッジ ゼロカットシステム EA(自動売買) 両建て スキャルピング 手数料
6,000倍 あり あり あり
最小スプレッド 口座開設ボーナス 入金ボーナス その他ボーナス
ドル円0.8pips~ 約5,000円(現在) 最大約100万円(現在) なし(現在)
口座開設ボーナス
IS6FXには他の海外FXと同じように、口座開設ボーナスがあります。スタンダード口座を開設した場合に限りますが、新規口座開設で5,000円分の取引ボーナスを受け取ることができます。入金をしなくとも、この口座開設ボーナスだけでIS6FXでの取引ができるようになります。もともとどこの海外FXでも口座開設ボーナスというのは、「実際に使って試してみてください」といった意味合いが強いです。ボーナスの金額だけを見ると他の海外FXのほうが魅力的な部分もあるかもしれませんが、口座開設だけで5,000円も受け取れるのであれば十分でしょう。
当選した方のみ入金100%ボーナスキャンペーン
IS6FXでは期間限定で入金100%ボーナスキャンペーンもおこなっています。2021年12月20日(月)07:00 から2021年12月25日(土)07:00 までと限られていますが、当選すれば上限の100万円に達するまで何度も入金ボーナスを受け取ることができます。入金した金額がそのままボーナスになりますので、単純に証拠金が2倍になります。ただし、100%ボーナスは銀行振込での入金に限り、クレジットカードでの入金になってしまうと半分の50%ボーナスになってしまいますので注意しておきましょう。こちらもスタンダード口座のみが対象となるボーナスキャンペーンです。

王冠3BigBoss(ビッグボス)

BigBoss(ビッグボス)

クイック口座なら最短3分でトレード開始!

BigBoss は2013年に設立した海外FXです。話題を集めた仮想通貨なども取り扱っていますので、FXトレーダーだけではなく、仮想通貨トレーダーも多く利用しています。最大999倍というハイレバレッジに加えて、豪華な入金ボーナスや取引ボーナス、高品質な日本語サポートや選択肢豊富な入出金方法も魅力となっています。セントビンセントおよびグレナディーン諸島で金融ライセンスを取得しており、追証なしのゼロカットシステム採用、証拠金の分別管理などを徹底しています。トレードを始めやすく、トータルで見ても使いやすい海外FXと言えるでしょう。

BigBoss(ビッグボス)メリット

  • 最大999倍という資金効率を高める圧倒的なハイレバレッジ
  • 入金ボーナスや取引ボーナスがとにかく豪華
  • 高品質な日本語サポートを提供する多言語対応のサポートチーム
  • 入出金の方法が充実していて、なおかつ入出金がスピーディー
  • 追証なしのゼロカットシステム採用でリスクを抑えられる

BigBoss(ビッグボス)デメリット

  • 取得している金融ライセンスがややマイナー
  • 幅広い銘柄を取り扱っているものの、数自体はそう多くない
  • 取引プラットフォームはMT4(MetaTrader 4)のみ
最大レバレッジ ゼロカットシステム EA(自動売買) 両建て スキャルピング 手数料
999倍 あり あり あり
最小スプレッド 口座開設ボーナス 入金ボーナス その他ボーナス
ドル円0.6pips~ なし 最大約88万円(現在) 取引ボーナス(現在)
最大約88万円の入金ボーナス
BigBoss では8周年記念クリスマス企画のひとつとして、2021年12月17日から12月31日までの期間中、最大約88万円の入金ボーナスをプレゼントしてくれます。2021年11月15日から12月16日までの期間中での累積入金額が全部リセットとなり、再び入金すればまた最大約88万円までのボーナスを受け取ることができます。もし12月16日までの期間中に出金してしまって入金ボーナス付与対象外となってしまった場合でも、再度入金をすればまた入金ボーナスが付与されるようになっています。BigBossキャンペーン史上でも最高の金額となっていますので、是非、積極的に活用していきましょう。
取引ボーナスが2倍
BigBossの8周年記念クリスマス企画にはもうひとつプレゼントがあります。それは2021年12月17日から12月31日までの期間中、取引ボーナスが2倍になるというものです。Forex MajorとForex Minorでは1ロットの取引ごとに通常440円相当の取引ボーナスがキャンペーン期間中は2倍の880円相当発生します。(各週で取引の合計ロット数を算出し、合計ロット数に応じて付与)暗号通貨CFDでは10万ドルの取引ごとに通常550円相当の取引ボーナスがキャンペーン期間中は2倍の1100円相当発生します。(通貨ペアごとに各週で1ロットあたりのボーナス額を算出し、合計ロット数に応じて付与)

王冠4FXGT(エフエックスジーティー)

FXGT(エフエックスジーティー)

業界初を謳っているハイブリッド取引所

FXGTは2019年12月にサービスを開始したハイブリッド取引所です。仮想通貨をはじめとする豊富な取扱銘柄数に加えて、頻繁に開催されている各種キャンペーンが印象的です。中でも最大の特徴と言えるのが、通常の外国為替FX(通貨ペア)と仮想通貨FXのどちらにも対応しているという部分です。ハイブリッド取引所を名乗り、実際にハイブリッド取引所と呼ばれている所以でもあります。取引だけはなく、入出金通貨や口座通貨にも数種類の仮想通貨を使えるようになっており、そのあたりもとても便利です。またトレンドやニーズにも敏感なので、取引条件の改善などにも積極的です。

FXGT(エフエックスジーティー)メリット

  • ボーナスキャンペーンがとにかく豪華で頻繁に開催される
  • 通貨ペアも仮想通貨も最大レバレッジ1,000倍で取引できる
  • CFD銘柄の取り扱いが多く、トレードの選択肢が豊富
  • 日本語によるサポートが高品質で万が一のときでも安心
  • 追証なしのゼロカットシステム採用でリスクを抑えられる

FXGT(エフエックスジーティー)デメリット

  • スプレッドがやや広い傾向にある
  • 定番のMT4の取り扱いはなく、取引ツールはMT5のみ
  • 過去にシステムエラーによる入出金トラブルがあった
最大レバレッジ ゼロカットシステム EA(自動売買) 両建て スキャルピング 手数料
1,000倍 あり あり あり
最小スプレッド 口座開設ボーナス 入金ボーナス その他ボーナス
ドル円1.4pips~ 5,000円(現在) 最大200万円(現在) 上限100万円ボーナス(現在)
新規登録でもれなく5,000円プレゼント
日本時間の2021年12月1日17:00:00から1月4日16:29:59までの期間、FXGTではFXGTに新規登録の方、もしくは既に登録していてアカウント認証が完了していない方がこの期間中にアカウント認証を完了した場合、MT5口座に5000円分のボーナスが付与されるキャンペーンを開催しています。対象となるのはスタンダード口座、ミニ口座、FX専用口座になります。期間限定ではありますが、一般的な海外FXで言うところの口座開設ボーナスにあたるものと考えていいでしょう。ただし、登録ボーナスのみでトレードをおこなって、利益の出金をするのであれば300ドル相当額以上である必要があります。
初回100%+以降30%入金ボーナス
2021年9月1日からの期間限定でFXGTのeWalletに入金した後、eWalletからMT5口座へ資金を移動させると入金額と入金回数に応じてボーナスがもらえる入金ボーナスも開催されています。終了期限は未定なので、今のうちに利用しておきましょう。初回入金は入金額の100%でボーナス上限は7万円(または相当額)、以降の入金は入金額の30%でボーナス上限は全期間を通して200万円となっています。対象となる口座はスタンダード口座・ミニ口座・セント口座です。2021年1月25日に全ユーザーの入金回数カウントがリセットされています。既に入金を済ませているユーザーでも対象となる可能性があります。

王冠5Exness(エクスネス)

Exness(エクスネス)

日本に舞い戻ってきたハイスペック海外FX

Exness は2008年に設立された海外FXになります。ご存知の方もいるかもしれませんが、実はExnessは一時的に日本から撤退していました。しかしながら、2020年に入ってから日本語公式サイトや日本語サポートを充実させ再び日本人トレーダーへとアプローチをかけ始めたのです。レベルアップして日本に舞い戻ってきたハイスペックになったExnessの存在は日本人トレーダーにとっては本当にありがたい限りです。海外FXの魅力がぎゅっと詰まったスペックとなっており、今後もさらなるサービスの拡大が期待できます。これからにも注目の海外FXです。

Exness(エクスネス)メリット

  • レバレッジ無制限という選択肢がある
  • 取り扱っている銘柄がとにかく多いので選択肢が豊富
  • 取引プラットフォームはMT4とMT5でバッチリ
  • 高品質な日本語でのサポートがあるので万が一のときでも安心
  • 追証なしのゼロカットシステム採用でリスクを抑えられる

Exness(エクスネス)デメリット

  • レバレッジ制限があり、人によっては厳しく感じられる
  • スワップポイントがほとんどつかないので期待できない
  • ボーナスキャンペーンは不定期開催でその頻度も少ない
最大レバレッジ ゼロカットシステム EA(自動売買) 両建て スキャルピング 手数料
無制限 あり あり あり
最小スプレッド 口座開設ボーナス 入金ボーナス その他ボーナス
ドル円0.0pips~ なし(現在) なし(現在) なし(現在)
レバレッジ無制限という選択肢
レバレッジというのは資金効率を高めるためのものです。Exnessを含めた海外FXというのは国内FXとは比較にならないようなハイレバレッジが魅力となっています。海外FXでハイレバレッジというと何千倍といったものを思い浮かべる方も多いでしょうが、実はExnessではレバレッジ無制限という選択ができるようになっています。有効証拠金が0ドルから999ドルまでの間に限りますが、逆にこの有効証拠金であれば最大レバレッジ無制限でとてつもない規模のトレードができるようになるのです。他の海外FXを圧倒するようなレバレッジだと言えるでしょう。
取り扱っている銘柄がとにかく多い
Exnessでは取り扱っている銘柄がとにかく多いです。107の通貨ペア、81の株式及び指数、13の仮想通貨、12の貴金属及びエネルギーといったラインナップになっています。取り扱っている銘柄がすべて必ず儲かるというわけではないのですが、やはり選択肢が多ければ多いほどいろいろな形でのチャレンジができるようになります。特に、今は仮想通貨やエネルギーに注目している方も多いでしょうから、Exnessのラインナップであれば文句なしでしょう。また、Exnessの場合にはこれから取り扱い銘柄が増える可能性もありますので、そのあたりでも期待が持てます。